2013年11月アーカイブ

ベルメゾンのテレビCMを見て買ってみたのだが、バイクや自転車に乗るとき凄くいい。

いくつかデザインや生地にタイプがあって、暖かさも少しずつ違うようだが、防風はっ水タイプとなればバイク向き。

今のところ、去年まで愛用していたヒート何とかと重ね着しないでも首都高を平気で走っている。まあ山の方とか、もっと寒くなってから本格的にツーリングというときはヒート何とかと重ね着すればもっと暖かく。静電気起こりそうだけど・・

一見普通のパンツなのも有り難い。今までバイク用の防風撥水というと、表面がツルツルしてモコモコした、いかにも「防寒着」という感じで、町を歩くにはちょっと大げさだった。

急に流行りだした印象があるのだけどそうでもないのかな?勿論女性用もあり、寒がりにはオススメ。ニッセンにもあるし、もうデパートなどにもあるのかも。

上半身は色々重ね着して暖かく出来るけれど、下半身は何枚も重ねないし、コートを着ても下から風が入るから弱点でした。重ね着してるとトイレの時もメンドクサイし、そういう点も便利デス。

 (アフィリエイトではないのでリンクは張りません)

 

伊藤大輔さん "along with you"

下落合のCafe杏奴でioraライブの時に数回ヴォイス・パフォーマンスを聴かせて頂いた伊藤大輔さんの最新映像。

震災直後に作曲された曲に伊藤さんが詞を付けたもの。素敵な曲です

 

 

秋葉原・万世橋 mAAchエキュート

以前は交通博物館のあった万世橋に、商業施設としてオープンしたエキュートに行ってみました。

2013011210001.JPGJRさんとしては電車で来て欲しいのだろうけど、バイクを秋葉原UDXの地下駐輪場に置いて。

実はエキュートに行くなら、エキュートの真ん前と近くに安い駐輪場があることが後で分かったのですが。次からはそちらに停めよう・・

ブレーキホースをメッシュに替えて猛烈停まるようになった私の愛車と、偶然にもカウル付き2眼の3台が並んだ風景。

2013011210002.JPG中央線の高架下がお店になった。しかし古い高架を活かして、なかなか落ち着いた良い感じの風景になってますね。
 
 
 
 
 

2013011210003.JPG高架をくぐった反対側にそれぞれのお店の入口と、自由に上が見学出来る階段がありました。
 
 
 
 
 

2013011210004.JPG線路の高さまで上る階段。つまり駅だった頃はホームに続く階段だったわけで。交通博物館だった最後の時に、友人にガイドしてもらって来たことがありますが、まわりはそのまま。ただ照明などがオシャレになって小ぎれいに。
 
 
 
 

2013011210005.JPG通路から下のお店が見えます。
 
 
 
 
 
 

2013011210006.JPG上に出るといきなり電車がギリギリを通過。元ホームだから当たり前ですが、減速しないで通過していくのを建物から見ているという状況がちょっと面白い。乗客が目の前を通過して行きますが、このホームの存在を知らない人からは、こちらがどう見えるでしょう。一瞬だから気づかないか。
 
 
 

2013011210007.JPGここまでは無料で見学出来ちゃいます。奥まで行くとカフェあり。平日でしたが子供連れ家族連れが何組も。
 
 
 
 
 

2013011210008.JPG奥はカフェになっていてカレーやパン類なども。真横に電車の通過を見ながらのコーヒーはユニークな体験ですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2013011210009.JPG普通の駅の白線の所で普通に電車を待っている方がもっと電車がそばを通るかも知れませんが、こんなにノンビリ見物しているという状況が面白いです。

階段の所に万世橋駅の歴史を説明した写真パネルなども用意されているので軽く博物館見物気分、しかも無料。いいんじゃないでしょうか。
 
 

2013011210010.JPG安全運行のためフラッシュ撮影は禁止です。

今日のカメラ:最初の駐車場と最後の2枚はSony DSC-HX300

あとはiPhone5Sでした

 

喪中葉書

「喪中につき」の葉書が届く季節

私の所にも、奥様を亡くされたという元上司からの葉書が。

釣り好きだった上司が奥様の介護で出かけられなくなったと話していたのが数年前。ご本人も90歳くらいなので釣りに1人で出かけるのはもう無理かな・・

私の親にも昨日何枚かまとめて届いていましたが、手紙などを出す相手が減っていく親を見ているのも寂しいもので。

年賀葉書を用意する季節になると、寒さも手伝って重たい気分になります。年賀状で「おめでとう」を書くためには、その裏返しの気持ちを年末に持たなければならないのは当たり前なのですけどね。めでたく年越しをする人と亡くなった人を、切り分けているような寂しさがあります。

喪中葉書に記されている皆さんに、あらためてご冥福をお祈りして・・

 

このアーカイブについて

このページには、2013年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。