ラリーカーのミニカーと蒼井優の本

2013009150001.jpgなんで一緒くたに記事にするかというと、Amazonから同時に届いたからというだけで・・

デアゴスティーニお馴染み、第一号は格安というシリーズ物。

毎号ラリーカーの1/43ダイキャストモデルと小冊子が付くという新シリーズ。第一弾がこのスバル・インプレッサ WRC2003 で、初回990円は手頃だった。

2号はランチア・ストラトスHF 1977、3号は再びスバルで インプレッサ WRC2008。次が三菱ランエボ4 1999、その次がトヨタセリカ GT-FOUR 1990(なつかしー)へと続くが、2号以降は2190円だ。

2013009150002.jpgこんな展示ケース付き。台が前に傾いていて棚に置いても見やすい。
 
 
 
 
 

2013009150003.jpg以前、やはりシリーズ物のダイキャストモデル付きの本で買ったスバル360と並べてみた。360が小さくて縮尺率が違うんじゃないかと思ったが、底を見ると同じ1/43と書いてあるのだった.. うちの親が最初に買った車が360の初期型(前のバンパーが左右に分かれていてヘッドライトの形も違った)だったが、こんな小さな車に家族で乗って箱根を登ったりしてたんだな・・
 

2013009150004.jpg 
 
 
 
 
 

2013009150005.jpgで、一緒に届いた蒼井優さんの本2冊。

左は『トラベル・サンド』。写真家・高橋ヨーコさんがアメリカで撮った作品。長い黒髪で自然体、10代最後の蒼井優さんの写真ぎっしり、自筆旅日記付きで2300円。

蒼井優さんが自然体な感じなのは勿論だが、アメリカがアメリカらしくて、行ったことも無いのになぜか懐かしい感じがした。全体が黄色味がかったレトロっぽい感じだからかも知れないし、若い頃に見ていた映画や、聴いていたロックやフォークを思い出すような風景だからかも知れない。

右は『今日も かき氷 蒼井優 完全版』。以前「蒼井洋菓子店」というお菓子の本があったが、今度はかき氷。全国各地やらハワイやら、かき氷の美味しい店で食べまくっている蒼井優さんの様子とかき氷の紹介。

本当に全部の店に行って食べてるなあ・・と見ていたら、近所(目白)の「志むら」で食べているシーンが。あんな近くに来ていたとは・・・目白通りの向かい側からでいいから見たかったー。というわけで、美味しそうな氷と色んなお店と楽しそうに氷を頬張る蒼井さんの表情が楽しめて1500円はお買い得でした。

今日のカメラ Sony α99 + ZEISS 2.8 / 24-70 ZA

 

 

このブログ記事について

このページは、onocchiが2013年9月15日 00:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今年も氷川神社例祭(新宿下落合)」です。

次のブログ記事は「台風が過ぎて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。