尾道にちょいと(2)喫茶・檸檬の樹

2013008290020.jpg今回の目的地、「檸檬の樹」。十数年前、向島の大林宣彦作品ロケ地めぐりの起点、私設案内所(?)として訪れて以来のお付き合い。

銀行員を脱サラして始められた喫茶・ギャラリー。マスターの絵はプロはだし、奥様は琴と葉書絵と芸術面の理解が深くて、地元の写真愛好家、絵画グループなどの展覧会もよく行われてきた。

そして店を閉じるフィナーレは、マスターと奥様の作品展。"らしい"終わり方だと思う。

2013008290021.jpg店はこの1か月"開店以来"だという混雑だそうで、遠くからもファンが別れを惜しんで駆け付けている様子。日曜画家の域を超えた尾道愛を感じる力作が並んでいる。
 
 
 

2013008290022.jpg25年間が過ぎたとはいえ、まだまだ綺麗な店内で、閉じてしまうのが勿体ないぐらい。ということで色々な方が「今後ああすれば、こうしたら」とアドバイスを下さるという話だが、マスターは閉じると決めたからにはギャラリーなどとしてまた開くのは考えていないとのこと。コーヒーを入れて人に出すことは好きなので、別の展開は考えられるとはおっしゃっていたが、ここでの再開はないと。
 

2013008290023.jpg小歌島という住所にあるお店。窓から小高い山が見える。この山が本来、向島から独立した島であった小歌島本体で、その周りを埋め立てて向島と一体化して今の形に。地名に「島」のなごりを残している。この山の向こう側が海、尾道水道で、中腹に灯台が建っている。
 
 
 
 
 
 
 
 

2013008290024.jpgここで最後のモーニングセットを頂いた。パンとコーヒー、ゆで卵とサラダと果物入りヨーグルト。そういえば東京を早朝に出る時から何も食べていなかったな。閉店挨拶?のお土産なども頂く。家具類などにも25年の思い出があるとおっしゃっていた。今度の土曜日が最後。台風が来ているけれどどうなるか「最後の日が台風で大荒れというのも、この店らしいかも」と笑っていたマスター。
 
 

2013008290025.jpg昔集まっていた「尾道FAN」、自転車を借りて「さびしんぼう」や「ふたり」「あした」などのロケ地を訪ねていた多くの大林ファンのこと。「男たちのYAMATO」の巨大ロケセットが横にあった頃の話。亡くなった駅前マルコシ書店のご主人のこと。尾道に詰まった色々な思いが過去になっていく。

これでもう、訪ねて「どうも」「やあお久しぶり」というお店がなくなった。毎度行く店はまだあるが「お帰り」という関係ではないので。

 

2013008290026.jpg考えてみれば、こちらが歳取ってくれば本当の故郷でさえそうなってくる。私を子供の頃から知っている親類も減ってきた。

景色は変わらないが知っている人の少なくなった"第二の故郷"尾道。今後は「懐かしむため」に来ることになるのかな。寂しいような話だが、この穏やかな風景は変わらず迎えてくれるに違いない。

さて続きは、ちょっと商店街を歩いてみた。木曜日は定休の店が多いのでシャッターの閉まっている寂しげな感じだったが、新しい店が目立って増えていたのでちょっと嬉しかった。  続く

 

カメラ:Sony α99 + Sony ZEISS 2.8 / 16-35mm

 

このブログ記事について

このページは、onocchiが2013年8月31日 18:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「尾道にちょいと(1)」です。

次のブログ記事は「尾道にちょいと(3)商店街~帰途」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。