東急線 中延駅~旗の台あたり

ちょっとお散歩。

旗の台辺りの東急線は駅の間隔がとても狭いので、隣の駅、隣の隣まで歩いてすぐ。そしてその間には商店街が沢山ある。線路に対して道路が直角でなく斜めに交わっているから、どこをどちら向きに歩いているのかすぐに分からなくなる。線路の存在だけを頼りに歩いてみた。

2013004028001.jpg東急大井町線・中延駅。東急線は道路からそのままスロープでホームに上がっていくような路面電車的な駅もある(路面電車と違って改札があるけれど)が、ここは立派な駅で。
 
 
 

2013004028002.jpg道路に商店街名の看板があるだけの所もあるが、中にはこの様にアーケードになった商店街もある。かの有名な戸越銀座商店街も近くにあるが、これぐらいの広さの道が多く、車で乗り付けて大量買いするような買い物の仕方は、この辺りでは流行っていないのかも。

とにかく歩くには都合の良い広さの道が続く。車には狭く、一方通行も多いから自然と徒歩・自転車の町になっているのだろう。
 
 
 

2013004028003.jpg通過する電車を眺める猫。人間に生まれていたら撮り鉄だったかも。敷地内で電車を眺めるのは人間なら反則なんだぞ。
 
 
 
 

2013004028007.jpgケタ下2.1m
 
 
 
 
 

2013004028004.jpg荏原町を過ぎるとすぐに旗の台商店街の看板。

この道は以前は立会川という川だったところ。他の道路の規則性とは関係なく、カーブしながら続く遊歩道になっていて、近所の子が遊んでいたり犬の散歩をさせていたり。
 

2013004028005.jpgそんな道の途中にいたカエル。
 
 
 
 
 

2013004028006.jpgそしてそのすぐそばにあるカエル雑貨と駄菓子の店「FLAG FROG」。関係があるのかな。
 
 
 
 

2013004028008.jpg旗の台駅そばの居酒屋さんの看板。

これだけ「一人飲み」に優しい看板は魅力的だ。充電もし放題らしいし「Wi-Fi色々飛んでます」という大ざっぱさが好き。イイカモ
 
 
 
 
 
 
 

2013004028009.jpgこの夜はとても楽しい会があった。そして、帰り道の月。

SONY DSC-HX300 1200mm(35mm換算) 「手持ち夜景モード」(実際に手持ち) 原寸大を半分に縮小

 

このブログ記事について

このページは、onocchiが2013年4月29日 01:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブックオフでCDを売って」です。

次のブログ記事は「豊島区 東長崎駅~椎名町駅かいわい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。