新宿の「旧青梅街道」

2013004017001.jpg日が長くなった。17日は夜6時を過ぎても冷え込まず、昼は恐ろしく強かった風も弱くなってこの天気。新宿へ。
 
 
 
 
 
 
 

2013004017002.jpg私が新宿と言えば西口のビックカメラのこと(?)。これはビックカメラの入っている新宿小田急ハルク前、2階通路から撮った物。
 
 
 
 
 
 
 
 

2013004017003.jpgハルクの地下「ハル☆チカ」にある「オリーブ+オリーブ」でピッツァやピックルスなどとビールをいただいてから(ハルチカはお好み焼き屋や油そばの店や色々入った屋台村状態になっていてなかなか面白い)、恒例の「但馬屋珈琲店」に。

その但馬屋珈琲に向かう道、というか東口への地下通路に向かう道、というか大昔からあるペットショップのある道・・の入口に左の写真のような物が立っている。>場所

昔はこの狭い道が青梅街道。今はJRの線路手前で北に曲がって大ガードをくぐって靖国通りにつながっているが、昔はまっすぐ甲州街道とつながっていたとのこと。と、但馬屋珈琲店の人が教えてくれた。さすが地元で長く営業しているお店の人。

西口側から説明しようとするから分かりにくいが、日本橋から出発して、西に向かって来た甲州街道が新宿(内藤新宿)で甲州街道と青梅街道に分かれていたということ。

現在青梅街道は大ガード(JRの線路)から西の部分の名前だから、甲州街道との接点がなくなってしまった。一方の甲州街道は四谷4丁目から西の名前で、そこより都心は新宿通り。新宿通りは麹町までで、その先は内堀通り、そして晴海通り、中央通りなど。

そういえば東京で青梅街道というと結構メジャーな大通りだが、「五街道」と呼ばれる中には入っていない。江戸から離れた内藤新宿から始まるからちょっと格下の支線扱いなのだろう。

そんな歴史を残すものが人通りの絶えないユニクロの入ったビルの脇に立っている。

 今日のカメラ:Sony DSC-HX300

 余談:ハル☆チカは屋台村状態で通路側に壁が無いので、こちらが生ハムでビールなど飲んでいる向かいで、お好み焼きでホッピーなど飲んでいたりする人たちの顔が見える。自分のいる店より向かいの店の客や店員や壁のメニューがよく見えるから、食べてない店のメニューの方をよく覚えていたりする。食べながら「次はどこに行こうか」などとキョロキョロするのもいいか。デパートの食堂街という感じはなく、綺麗なのだが気楽な感じで結構繁盛していた。

 

このブログ記事について

このページは、onocchiが2013年4月18日 05:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ロッシ来たなあ」です。

次のブログ記事は「ホンダバイクを見に行く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。